FC2ブログ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

長岡純子

Author:長岡純子
神奈川県出身、山形大学卒業。社団法人日本パン技術研究所にて製パンを学ぶ。財団法人日本穀物検定協会『米粉食品指導員』の資格を取得、各公共団体での米粉の調理指導にあたっている。地産地消料理指導、食育指導なども行う。

山形県山形市の自宅にて手作りパン教室「La Maison du Soleil」主宰。他に「七日町カルチャーセンター」「NHK文化センター」でも、米粉パンや米粉菓子教室を開講した。

現在は自宅教室に専念。
hpimage.jpg

↑☆ここをクリック!
 ホームページはこちら!

料理教室検索クスパ

↑ ☆ここをクリック!
  料理教室検索サイト『クスパ』
  をご覧ください。
  教室スケジュール表と簡単レシ
  ピを載せてます♪

☆ 小麦パンコース基礎科Ⅰ・Ⅱ募集中!!
   (12回×2・入会随時)
  入会金2000円
  会費3500円(材料費込み)
  ティータイム形式試食あり。
  製作パンは全てお持ち帰り。

☆ 小麦パン趣味コース募集中!
    (12回、7月開講!!)
  入会金2000円
  会費3800円(材料費込み)
  ランチタイム形式試食あり。
  製作パンは全てお持ち帰り。
  初心者向き、手ごね。
   
  各コース、お申込みをお待ちしてます。
  
  TEL&FAX 023-642-1448


カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


FC2カウンター


ブログ内検索

QRコード

QRコード

こちらもパン作りにハマってる生徒さんです♪




手ごねで生地をこねる時間と焼き上がりの感動が、この生徒さんは忙しい日常を忘れさせてくれる癒やしの時間なんですね
 
パンは生き物だから、本当に可愛くて愛しくて、喜ぶご家族の姿が目に浮かぶようです
「~今日は仕事がお休みだったのでバターロールとブッターツォップを作ってみましたが…(。-_-。)
 
ブッターツォップが

    うまくいかなかったぁ。
 
バターロールと一緒に焼いたのでどっちの温度に合わせようか迷って中間の200度にしたら、表は焼きが
足りない感じで裏は焦げそうで…
 
表面のカスタードのつけ過ぎもありますかね。
 
でもバターロールは好評でした。これはちょいちょい作ります*\(^o^)/*~」

スポンサーサイト

こんなにたくさん♪~生徒さんの作品







パン作りももちろん熱心な上、ジョギングサークルにも積極的な、本当に真面目で一生懸命な生徒さんです
 
ひがしねさくらんぼマラソン大会にも、一緒に参加します
 
写メをいただいたり、一緒に走ったり、一緒に共感したり、感動したり、私はこうやって、色んな生徒さんに支えていただいてるんだなぁ~って思います
 

生徒さんがいるからこそ、私の存在価値もあるんだなぁ~
 
もっともっと、私もがんばなきゃって、ファイトが湧いて来ます
 
「~先週、プティパンオレ、バターロール、アップルカスタードブレッドをつくりましたカスタードクリームが本当に簡単に美味しく作る事ができましたo(^o^)o
プティオレをつくるとき、こねているとだんだん真ん中から割れてきて、広げたら輪になってしまいました

市販の強力粉を使ったので水分が足りなかったのでしょうか…
みんながマラソンしているのを思い浮かべながら、私も何かしたくて、パン作りに励みましたo(^o^)o~」

生徒さんの作品




ご入会して、3ヶ月の生徒さんです。
パンをこねるのが、忙しい日々の癒やしになると言って、必ず、おうちでも焼いてくれてるそうです
 
「~これは2週間位前に作ったレーズン入りカンパーニュです。
きび砂糖を白砂糖で粗塩は普通の塩でしました。
こね始めから生地が堅くて堅くてやっとこねた感じです。
でも発酵チェックはOKだったので焼いてみました。
結果かなりずっしりしたのが出来上がりました。

でも美味しかったです(^-^)/~」

生徒さんの作品



米粉クラスの生徒さんが、早速復習してくれました

こちらも生徒さんのパーティーパン




可愛いお嬢さんに気に入ってもらえて、私も嬉しい
 
おうちレストランが一番だよね
 
「~この間の特別レッスンの大麦入りのベジタブルスープと、米粉レッスンで習ったクリスマスツリーブレッドを復習してみました
家庭でもお店みたいな食卓になってうれしいです
味もおいしかった~

 
先日のかわいいトッピングのツリーブレッド、娘は「おうち、おうち」と喜んでましたツリーではなく、三角屋根の家に見えたようです~」
 
 
 

 | HOME |  » ▲ page top