FC2ブログ

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

長岡純子

Author:長岡純子
神奈川県出身、山形大学卒業。社団法人日本パン技術研究所にて製パンを学ぶ。財団法人日本穀物検定協会『米粉食品指導員』の資格を取得、各公共団体での米粉の調理指導にあたっている。地産地消料理指導、食育指導なども行う。

山形県山形市の自宅にて手作りパン教室「La Maison du Soleil」主宰。他に「七日町カルチャーセンター」「NHK文化センター」でも、米粉パンや米粉菓子教室を開講した。

現在は自宅教室に専念。
hpimage.jpg

↑☆ここをクリック!
 ホームページはこちら!

料理教室検索クスパ

↑ ☆ここをクリック!
  料理教室検索サイト『クスパ』
  をご覧ください。
  教室スケジュール表と簡単レシ
  ピを載せてます♪

☆ 小麦パンコース基礎科Ⅰ・Ⅱ募集中!!
   (12回×2・入会随時)
  入会金2000円
  会費3500円(材料費込み)
  ティータイム形式試食あり。
  製作パンは全てお持ち帰り。

☆ 小麦パン趣味コース募集中!
    (12回、7月開講!!)
  入会金2000円
  会費3800円(材料費込み)
  ランチタイム形式試食あり。
  製作パンは全てお持ち帰り。
  初心者向き、手ごね。
   
  各コース、お申込みをお待ちしてます。
  
  TEL&FAX 023-642-1448


カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


FC2カウンター


ブログ内検索

QRコード

QRコード

それいゆの生徒さんの作品

20090611212033
お仕事に行く前に、朝早起きして、お嬢さんのために焼いたそうです。

愛情たっぷりのお母さんの焼くパンは何よりのごちそうですよね!

‥「~ミニ食パンです強力粉が少し足りなくて全粒粉を30グラムいれました。でもおいしいです。子供がむしって半分位すぐ食べてくれるのでたのしいです。~」

お嬢さんがパンをかじりながら、お母さんの愛情を噛み締めてる姿が目に浮かびます♪♪
スポンサーサイト

レッスンの残りの米粉フェットチーネで、夕食にしちゃおう(^^)v

20090611211115
さっきのレッスンではエゴマクリームソースで和えたので、今度はさっぱりとしたソースにしました。

車の運転がまだ無理なので、買い物に行けないので、具材は冷蔵庫の残り物を利用!

豚ロースがを細切りして、タカノツメとガーリックオイルで炒め、冷凍しておいたトマトソースに、ブラックオリーブとあのばぁちゃんのみずを入れて、和えました。

これで家族の夕食はOKね(^_-)-☆

本日のNHK提携講座~ヘルシー米粉のフエットチーネ・行者菜のエゴマクリームソース

20090611173812
20090611173804
20090611173755
こねて、丸めて、30分程寝かして、パスタマシーンで伸ばして、ハイ!出来上がり!!

発酵も無いし、麺打ちは以外と簡単です!

生地を寝かしてる間に、エゴマをすり潰して、ソース作り!

パスタと一緒に、行者菜とにんじんも茹でちゃって、ソースを絡めて、パルミジャーノを削ってかければ、もう、ここはイタリアンのトラットリア!?

米粉でヘルシー麺に、滋養強壮にイイ、ビタミン豊富な野菜がたっぷり!!

サラサラ血液で、メタボなんて、ぶっ飛ばせ(^_-)-☆

ヘルシー米粉のフェットチーネ・行者菜のエゴマクリームソースは栄養抜群!!

20090611111544
血液サラサラにするα-リノレン酸が50%以上も含まれると言う『エゴマの実』と、滋養強壮の基・硫化アリルと葉酸を多量に含む『行者菜』の合体パワー!!

本日のNHK提携講座の『米粉のフェットチーネ』のソースに使います!

山形では、エゴマの実は『白あぶらの実』と言う名前が一般的で、昔から和え衣に使います。

山菜の『ごごみのあぶら和え』は、胡麻和えとも胡桃和えとも違う、白あぶらの実のさっぱりとしつつ独特の香りとコクで、一度食べたら忘れられない美味しさ!!

山菜と相性ピッタンコの和え衣なんです!

行者菜の個性的な風味と白あぶらの実のコクと、二つの食材を繋ぐ役目の隠し味は・・内緒!!
本日のレッスンを受けた人しか味わえません!

お楽しみに(^_-)-☆

ヤバイっ(>_<)

痛くて、ごろごろしてたら、1㎏増えた(>_<)

早く、エアロに復帰したい!
当分、首の痛みが消えるまで、衝撃のある運動は無理かも・・

エアロバイクでもこぎに行くか・・

でも・・

顔が・・
 | HOME |  ▲ page top