FC2ブログ

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

長岡純子

Author:長岡純子
神奈川県出身、山形大学卒業。社団法人日本パン技術研究所にて製パンを学ぶ。財団法人日本穀物検定協会『米粉食品指導員』の資格を取得、各公共団体での米粉の調理指導にあたっている。地産地消料理指導、食育指導なども行う。

山形県山形市の自宅にて手作りパン教室「La Maison du Soleil」主宰。他に「七日町カルチャーセンター」「NHK文化センター」でも、米粉パンや米粉菓子教室を開講した。

現在は自宅教室に専念。
hpimage.jpg

↑☆ここをクリック!
 ホームページはこちら!

料理教室検索クスパ

↑ ☆ここをクリック!
  料理教室検索サイト『クスパ』
  をご覧ください。
  教室スケジュール表と簡単レシ
  ピを載せてます♪

☆ 小麦パンコース基礎科Ⅰ・Ⅱ募集中!!
   (12回×2・入会随時)
  入会金2000円
  会費3500円(材料費込み)
  ティータイム形式試食あり。
  製作パンは全てお持ち帰り。

☆ 小麦パン趣味コース募集中!
    (12回、7月開講!!)
  入会金2000円
  会費3800円(材料費込み)
  ランチタイム形式試食あり。
  製作パンは全てお持ち帰り。
  初心者向き、手ごね。
   
  各コース、お申込みをお待ちしてます。
  
  TEL&FAX 023-642-1448


カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


FC2カウンター


ブログ内検索

QRコード

QRコード

明日の朝日新聞の折り込まれます♪




マイタウン朝日の記者の板垣さんから、明日の朝日新聞に折り込まれる折り込み誌『ASAから朝のおたより』を届けていただきました
 
先日、米粉本科のクラスに取材にいらっしゃったんです。
 
私の米粉に対する思いの全てをくみ取り、生地に仕立てて下さいました
 
バターを使わなくて美味しく作れるホワイトソースを使ったカボチャの米粉グラタンのレシピも載せていただきました
 
子供たちに食べさせたい日本の食卓、山形の食材、調理法を、板垣さんご本人も、小さいお子さんのいらっしゃるお母さんだからこそ、理解して下さったんだと思います
 
本当に出会いって、大切です
 
板垣さんに取材していただけて、本当に良かった
 
 
板垣さん、ありがとうございましたm(__)m
 
その上、これから、何回か、朝日新聞のもうひとつの折り込み誌『マイタウン朝日』の紙面でも、簡単米粉レシピを紹介していただけるそうです
 
少しでも多くのみなさんに、米粉を調理に利用していただけると嬉しいです
 
ぜひ、明日の『ASAから朝のおたより』と、これからの『マイタウン朝日』をご覧下さいね
スポンサーサイト



カマスのスパシーさつま揚げ




ダーリンの趣味は海釣り
 
日曜日にも釣りに行ったけど、何と、収穫は…
 
ちっちゃい、ちっちゃいカマスのみ…ショボッ
 
塩焼きにも出来ないほど、ちびっちょい…
 
「何でこんないっぱい持ってきたの
 
「平目を釣るために、餌として釣ったら、魚群探知機が壊れて、釣りが出来なくなり…」
 
「もったいないから、持って来た…」
 
確かに捨てるのはもったいないし、食べなきゃ可哀想かも…
 
…と、言うことで…
 
すり身にして、スパイスたっぷり入れて、さつま揚げにしました
 
パクチーをたっぷり添えて、レモンを搾り、スィートチリソースを付けて食べたら、ベリーグッド
 
生野菜とベトナム風バゲットに、サンドすれば、さつま揚げのバイン・ミーになるし
 
カマスちゃんも、美味しく私のお腹に納まり、気持ちよく天国へ召されました

久々に、生徒さんから写メいただきました♪



私も夏バテでしたが、生徒さんたちも、体調くずした人も多かった、この猛暑日もやっと、おさまりましたね
 
小麦本科の生徒さんから、早速、今回のカンパーニュの復習の写メいただきました
 
その上、この生徒さんは熱心だから、基礎科にも来てくれるんです
 
「~先日はありがとうございました。
バインミーの美味しさに感激でした。
持ち帰ったフランスパンはやはり食べやすいのか、下の子もパクパク食べてましたよ
 
 
前回のポテトフランセーズも本当においしく、早速作りました
前に作ったチャバタと一緒に写メ送りまーす
 
また次回が楽しみです。~」

本日は米粉おためし体験レッスンでした。


小さいお子さまのいらっしゃる方がお申し込みしてくださったんですが…
 
初めての家で、お子さんが泣いてしまい、代わりにお母さまとお姉さまがレッスンを受けてくれました。
 
お子さまも気質は色々だから、無理せず、お母さんと外で遊びたい年頃は、思いっきり遊んであげて下さい
 
いつかは、知らぬ間に手が離れ、大きくなってしまうもの…
 
一緒に居られる時間は、本当に短いんです。
 
だから、そのうち、また、習いに来て下さいね
 | HOME |  ▲ page top