FC2ブログ

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

長岡純子

Author:長岡純子
神奈川県出身、山形大学卒業。社団法人日本パン技術研究所にて製パンを学ぶ。財団法人日本穀物検定協会『米粉食品指導員』の資格を取得、各公共団体での米粉の調理指導にあたっている。地産地消料理指導、食育指導なども行う。

山形県山形市の自宅にて手作りパン教室「La Maison du Soleil」主宰。他に「七日町カルチャーセンター」「NHK文化センター」でも、米粉パンや米粉菓子教室を開講した。

現在は自宅教室に専念。
hpimage.jpg

↑☆ここをクリック!
 ホームページはこちら!

料理教室検索クスパ

↑ ☆ここをクリック!
  料理教室検索サイト『クスパ』
  をご覧ください。
  教室スケジュール表と簡単レシ
  ピを載せてます♪

☆ 小麦パンコース基礎科Ⅰ・Ⅱ募集中!!
   (12回×2・入会随時)
  入会金2000円
  会費3500円(材料費込み)
  ティータイム形式試食あり。
  製作パンは全てお持ち帰り。

☆ 小麦パン趣味コース募集中!
    (12回、7月開講!!)
  入会金2000円
  会費3800円(材料費込み)
  ランチタイム形式試食あり。
  製作パンは全てお持ち帰り。
  初心者向き、手ごね。
   
  各コース、お申込みをお待ちしてます。
  
  TEL&FAX 023-642-1448


カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


FC2カウンター


ブログ内検索

QRコード

QRコード

それは…農夫のみぞ知る…

パンペイザンとパン・ド・カンパーニュの定義の違いは…
 
どちらも、発酵種を使った、田舎風のライ麦混合パンです。
 
どこが違うか、ご存知ですか
 
私は、実は、明確には分からなかったんです…
 
だから…
今回の研修で、尊敬する原田先生にお尋ねしました。
 
原田先生は
「どちらも田舎風のパンだけど、パンペイザンは農夫のパンと言う名前のとおり、カンパーニュよりさらに田舎風の石臼挽き粉を使ったパンなんだよ」
…と、教えて下さいました
 
だから…
 
早速、石臼挽き春よ恋全粒粉を取り寄せました。
 
でも…
 
私の中で、それだけでは何か、腑に落ちない、何か違和感が…
 
それは、私だけの解釈かも知れませんが…
いいえ、私の勝手な解釈です…
 
『農夫のパン』
…農夫とは育てる人
大地に根差し、実りをもたらす人
 
私のパンペイザンは…
ルヴァン・ミクストで作ります。
 
私のパン・ド・カンパーニュは、パート・フェルメンテで作ります。
 
ルヴァン・ミクストは古生地のパート・フェルメンテを種継ぎして、育てた種。
 
つまり、田舎で農夫が育てたもの
→それが農夫のパン
 
そんな勝手な解釈で、ソレイユのパンペイザンを焼きます
 
ソレイユ流パンペイザン
 
フランス人の方、嘘っぽくて、ごめんなさい
 
だって、ここは…
 
どこにでもありそうな田舎のおうちだけど、本当はどこにもない
 
ここにだけある、
ここにしかない、
 
生徒さんの、家族の心の故郷・ソレイユだから…
 
ソレイユの解釈のパンがソレイユのパンだから…
スポンサーサイト



それでいいの!?

ガレットに使う、栗の渋皮煮は、研修に行く前に、Cちゃんからいただいた尾花沢産大粒栗
 
みなさん、栗の渋皮煮は作ったことありますか
 
毎年、作る方も居ますよね
 
鬼皮剥き、大変
しぶぬき、すごい手間
 
作ったことのある人にしか、分かりません
 
でも…
その作り方で、本当にいいのかな
 
ご存知ですか
 
渋皮のアクは…
 
苦味の元の悪玉みたいに思ってるでしょうが…
 
実は…
ポリフェノールなんですよ
 
添加物の苦味のもとの重曹で、アク抜きするなんて…
 
それでいいの
 
長岡家は、食材は全体食
 
可食部分に栄養の無いものは無いんだよ
 
長岡家の渋皮煮を食べてごらん
 
栗本来の滋味溢れる優しい美味しさが分かるよ
 
さぁ~、ソレイユにいらっしゃい

予告編~小麦本科

今週の小麦本科は、実りの秋を彩る食材を使って、農夫の収穫を祝う食卓をテーマに展開します
 
パンはもちろん、農夫のパン・パンペイザン
 
ルヴァン・ミクストの優しい香りと、石臼挽き春よ恋の全粒粉を使った田舎風ライ麦混合パンです
 
もう1つのパンは、自家製栗の渋皮煮のガレット
 
秋の味覚の代表・県産大粒栗を渋皮煮にして、マロンプードルと共に練り込んだ、秋味満点のほんのり甘い薄焼きパンです
 
おかずは、秋刀魚のプロヴァンス風エスカベッシュ
 
デザートは、やはり栗の渋皮煮の入った焼きプリン・ラム酒のソース
 
秋色満載の食卓だよ

そんなこんなで…

こんなホワイトサワー種ちゃんの悩みを、神戸のUさんに聞いていただき、非常に助かりました… 
 
色んな打開策も見つかり、明るい兆しが…
 
悩みのホワイトサワー種ちゃんのおかげで、Uさんとの交遊も深まりました
 
怪我の功名

ホワイトサワー種ちゃんのパン


オーバーナイトで、発酵したら、何と、朝には過発酵でした…
 
クープを入れたら、さらにしぼむから、慌てて、そのまま焼きました
 
やはり…
焼きしぼみに…
 
その上、糖分は食べ尽くされ、焼き色も良くなく…
 
そのままでは、到底食べることは出来ず、またまた、ラスクにすることに…
 
ダーリンにたんまり、お叱りを受けました…

ビックリした(・・;)


午後からは、米粉おためし体験レッスンでした。
 
何と、今日の方は、きっぱり、「家で料理はしない」…と、おっしゃってました
 
何で、体験レッスンにいらして下さったのかしら
 
とりあえず、喜んで召し上がってくれたみたいなので、ホッとしましたが…
 
「ランチに来たみたい」…と、おっしゃってました
 
おためし体験レッスンは、あまりにも色々ありすぎて、この半年、精神的にも参りました…
 
とにかく、今の会員の生徒さんが好い人ばかりなのが、本当に、心の支えになりました
 
学ぶ意欲のある生徒さんに囲まれてる幸せをしみじみ感じました

こちらも一生懸命な生徒さんです(≧▼≦)


いつも、復習してくれるし、頑張り屋さんなんです

本日は今月最後の基礎科でした


紅玉が終わると、次はラ・フランスの季節
 
リンゴパンは今日で終わりです
 
本日のクラスには、教室を始めた頃からずっと来てくれてる生徒も居ます。
 
妊婦さんの頃も、赤ちゃんが産まれてたらも背負ってまで通ってくれ、その子も、おしゃべりも上手になって…
 
感慨無量だわぁ~
 
とっても、パン好きの生徒さんだし、嗜好もピッタリ気が合う大切な家族
 
本当に、生徒さんたちがいるから、私もいるんだなぁ~って、しみじみ思っちゃいました
 | HOME |  ▲ page top